アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「灼眼のシャナU」のブログ記事

みんなの「灼眼のシャナU」ブログ

タイトル 日 時
灼眼のシャナU11話〜17話
11話 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 08:17
灼眼のシャナU 第10話
ニコニコ検索ページ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/09 07:07
灼眼のシャナU 第7話
 暗闇にシャナが縦横に振った剣先がきらめき、その刹那、魔物たちの断末魔が響き渡る。だが、シャナの手に握られていたのは贄殿遮那ではなく、そんなシャナを暗闇の外で迎えたのも悠二ではなかった。そう、シャナたちは、史菜に遊園地デビューをさせるため、いつものメンバーと一緒に「ファンシーパーク」へ来ているのだ。   幹事は、「いい思い出は、いい段取りから生まれる」が信条の池速人。誰もが彼を段取りをさせたら御崎高一と思っていた。また、彼自身も今回の段取りを成功させ、リーダーシップのとれる頼りになる男として、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/16 07:15
灼眼のシャナU 第6話
急遽、明日から行なわれることになった一斉テスト。その対策のため、緒方の発案で悠二たちは勉強会を開くことになった。 メンバーは、一緒にお弁当を食べている仲間に、会場を提供してもらう佐藤と田中、そして史菜を加えた8人。 勉強会が始まると、自然と池とシャナがみんなに教える形になっていく。しかし、シャナは史菜が当然のように悠二の隣に座っているのが気に食わない。 一方、みんなのためにとキッチンで夕食を作っていた一美も、史菜に優しすぎる悠二の態度に、寂しさを感じずにはいられなかった。 だがその後、ふ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/09 06:59
灼眼のシャナU 第5話
ヴィルヘルミナによる、シャナ以上に厳しい鍛錬。その皆あってか、悠二は徐々にだが新たな力を身に付けようとしていた。まだ確実ではないものの、それを「存在 の力を操れるようになった」成果とヴィルヘルミナは言う。 一方、鍛錬を休んだ理由として、ヴィルヘルミナにシャナは「都合が悪い」とだけ伝えていた。しかし本当の理由は他にあった。 とある抑えようのない気持ちが苛立ちとな り、シャナの態度を悪化させているのだ。そしてついに、シャナはその苛立ちをヴィルヘルミナにぶつけてしまう。 そんなシャナの苛立ちを知... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/02 07:32
灼眼のシャナU 第4話
ヘカテーと同じ顔を持つ転校生・近衛史菜。優しいクラスメイトたちのサポートもあり、次第に学校生活に慣れた彼女は、悠二やシャナ、吉田や緒方たちとも一緒に昼食をとるようになっていた。 だが、彼女への疑惑が消え去ったわけでない。マージョリーとヴィルヘルミナは、バルマスケの動きを世界各地に散らばるフレイムヘイズからも収集するなど、わずかな不安要素も見逃さない気構えでいた。 そんなことを知ってか知らずか、悠二は新規オープンしたデカ盛りの店に行ってみようとみんなを誘う。そして、悠二と佐藤がデカ盛りラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/26 07:27
灼眼のシャナU 第3話
その少女を見た時、悠二は驚き、シャナは封絶によって空間と時間を止めた。少女の名は近衛史菜。ついさっき、クラス担任から紹介されたばかりの転校生だ。 御崎市を襲ったバル・マスケのひとり、ヘカテーにあまりにも似過ぎている史菜。とはいえ、封絶で動けない史菜が“徒”とは思えず、シャナ達はしばらく様子をみることにする。 海外暮らしが長く、学校生活での勝手が分からないのか、まるでどこかのお姫様のような言動や行動をしてしまう史菜に、優しく接するするクラスメイトたち。 だが、シャナは疑いを解くことはな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/19 07:16
灼眼のシャナU 第2話
朝、悠司の母に頼んでお弁当の作り方を習うシャナ。前日に吉田が悠司に弁当を渡しているのが、気に入らなかった様なのだが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/12 06:20
新アニメ 灼眼のシャナU 第1話
人ならぬ者たちが、この世の日に陰に跋扈(ばっこ)している。 古き一人の詩人が与えた彼らの総称を、“紅世(ぐぜ)の徒(ともがら)”という。 自らを称して“渦巻く伽藍(がらん)”、詩人名付けて“紅世”──この世の歩いてゆけない隣 ──から渡り来た彼ら“徒”は、人がこの世に存在するための根源の力、“存在の力”を奪うことで自身を顕現させ、在り得ない不思議を起こす。思いの侭に、力の許す限り、滅びのときまで。 彼らに“存在の力”を喰われた人間は、いなかったことになる。 これから伸び、繋がり、広がるは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/05 06:08

トップへ | みんなの「灼眼のシャナU」ブログ

無料アニメ動画趣味の部屋 灼眼のシャナUのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる