テーマ:こどものじかん

こどものじかん 第9話

休み時間、体育館の裏で、学校を抜け出して買ってきたアイスをふざけながら食べているりん、黒、美々の三人。しかし、青木に見つかって怒られてしまう。そして、その日の会議で、授業中に抜け出したり校外に出てしまう児童についての注意があり、青木は児童に対して威厳をもって少し厳しくしてみようと思い立つ。 さっそく、その日の自主学習を強制的に読書にす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こどものじかん 第7話

1泊2日の林間学校に行く事になり、教室内ですら制御出来ない子供たちを公共の場に連れて行かなくてはならない事に怯える青木。そんな青木に宝院は、「走らせ登らせ疲れさせれば、夜はぐったりして騒ぐ気力も無くなります!」と言うけれど、果たして……。 まずは満員電車に乗っての移動。ピッタリと身体を寄せてくるりんにタジタジな青木だったが、車内の迷惑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどものじかん 第6話

第6話『おもいで』 りんの唯一の保護者であるレイジ。彼にとってりんは、従姉妹である九重秋の娘という関係でしかなかったが、しかし、最愛の女性だった秋が亡き今、彼が全ての愛情を注ぐ存在となっていた。 そんなレイジが、りんと住むようになったのは、彼がまだ、高校生だった頃―― 酒癖が悪くいつも怒鳴ってばかりの父と、その顔色を窺って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどものじかん 第5話

第5話『なつやすみのとも』 終業式の日。明日から夏休みというその日になっても、いまだ担任クラスの通信簿の評価に悩む青木の姿があった。宝院にあきれられ、結局、その事で白井と言い争ってしまうのだった。 そうして教室に向かうと、廊下でりんが青木を待っていた。その日は妙に青木に構ってきて我がままばかりなりんの様子を問い詰めると、「夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどものじかん 第4話

その日、帰りのホームルームで“家庭訪問のお知らせ”のプリントを児童達に配り、宿題として「父母についての作文を書いてくるように」と告げる青木の姿があった。 父兄との初めてのコミュニケーションに意気込む青木だったが、同僚の白井は家庭訪問には否定的な意見を述べる。家庭の事情――特にマイナスな事情を知ったとして、それで教師に何が出来るというの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどものじかん 第3話

体育の授業前、教室で着替える3年1組の女子児童達――。 りんは下着姿でセクシーポーズを作り、黒に写メを撮らせて、青木の携帯に送信したりしていたのだったが、その中で、回りを気にしながら、こそこそと胸を隠して着替える美々の姿があった。 彼女は、クラスの中で唯一人、ブラジャーをつけなくてはならないほどに成長しており、目立ってきた自分の胸に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

こどものじかん 第2話

児童達の大人とは違った価値観に振り回される中、青木は、登校拒否をしていた美々の元を訪れ、彼女を信じる事で信頼を得る事に成功する。そうして、美々も学校に通うようになり、ひとまずクラスの児童達からも認められ、教師としての第一歩を踏み出した青木だったが、まだまだ教師の道は険しい。将来の夢をテーマに作文を書かせても、十行にも満たない内容ばかりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新アニメ こどものじかん 第1話

小学校教師として初赴任の日。学期途中の引き継ぎながらもクラス担任となった青木大介は、上下揃ったスーツを着込み、自分が担任となる3年1組の教室の扉の前に立っていた。その扉を開ければ、「親しみやすいお兄さんみたいな先生」を目指す青木にとっての、教師生活の始まりなのだ。緊張する青木だったが、意を決し、教室のドアを開ける。――と、そこには、着替…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more